停電EXPO

2009.10.28

teiden-expo
ここ最近はホリオさん経由でヨコハナ国際映像祭のオープニングイベント「停電EXPO」のお手伝いをしています。

ぜひぜひ来て下さい。
自分の展示の告知はいつも終わったあとにしているのになあ。

設営現場がとても楽しいので、いつも笑ってばかりいる。笑いの沸点がどんどん低くなっております。勿論、学ぶことも多々ありです。



ヨコハマ国際映像祭2009 オープニングイベント 「停電EXPO」
スケジュール
 2009年10月31日(土)・11月1日(日)
 各日とも19:30〜(開場 19:00)
参加アーティスト
 梅田哲也、神村恵、contact Gonzo、捩子ぴじん、堀尾寛太
入場料
 1500円(税込/全席立見)
会場
 新港ピア

主催:「停電EXPO」制作実行委員会
共催:ヨコハマ国際映像祭2009
企画・制作:日本パフォーマンス/アート研究所

http://j-pai.net/teidenexpo.html
http://www.ifamy.jp/programs/single/538/



今日はどでかい黒バルーンを飛ばす実験?をしました。ギャアギャア騒いでます。


1016 memo

2009.10.17

今日も何となくブログ書いてみる。

最近さすがに動きたくなってきた。ドタバタと。そんな自分の心境に近い話が西村さんの本「自分をいかして生きる」に書いてあった。ソニーでプロフィール・プロを作った加藤さんへのインタビュー辺りで、子供に嫌いな食べ物を無理矢理食べさせなくても、その内勝手に食べるようになる、という話。かなり雑にまとめると、人は放っておいても自分にとって必要なものを選んで行くのでわざわざ周りが強制することもないとか、そういう話です。分かりにくいかもしれませんが、そういう感じなんです。

自分がYouTubeにアップした動画にコメントが結構来てる。全部英語。なので今更英語の勉強始めたりしてる。ってもダラダラやってるから、ちゃんと身に付いているのか危うい。

そういえば高校時代、実はテスト勉強やっているのに「やってない」って言う同級生が何人かいたんだけれど、私は逆で、全然勉強してないのに「やりました!」と言う側の人だった。メリットもデメリットもない嘘というのもあるのだな。

来週からちょっと忙しくなりそう。でも直前まで予定が知らされることはない。

1015 memo

2009.10.16

もう10月も半分経ってしまったのか。早いなあ。

今日やっとあるタスクを終わらせた。まっとうな人だったら二週間くらいで終わるのが、二ヶ月くらいかかったのか。

開放感から髪を切りに行った。いつも髪を切ってくれる美容師さんは、歌舞伎町のヤクザのいざこざ話とか、人はどうして他人の不幸が好きなのか、とかやたらとネガティブトークばかり仕掛けてくる。何故か。今日はアシスタントの人もいたせいか、iPhoneの話なんぞした。新鮮。

昨日舌の先っぽをヤケドして、今日一日どこか落ち着かない感じだった。舌の先のほんの数ミリのヤケドがここまで精神に影響するとは。


久々に戯言的なものをツラツラと書いてみました。

1009 memo

2009.10.10

twitter上で堀尾さんが「展示準備大ピンチ。ハンダ付け職人急募!!明日9日、秋葉原で設営に参加できるかたいま専科!!!」と呼びかけしていたので、オンライン上で挙手して、そのまま次の日設置の手伝いに参加。

自分でも何故だかよく分からないけれど、今やたらと時間がある(気のせいかも)。そんなニュートラルな時間を誰かのために提供するのもいいかなーと思い、参加してみた。もちろん、「ENSEMBLES 09 休符だらけの音楽装置」展のウラガワを見てみたかったというのも理由の一つ。

基盤組んだり、ボール盤で穴をあけたり、会場である校舎の中から廃材探して来たり、半田づけしたり半田づけしたり、、久々に色々作業出来たので楽しかった。

あと参加している作家さんたちの作業を近くで見れてよかった。展示に使う日用品?のようなものをガンガン繋いでいく感じがライブっぽくて格好よかった。


ほぼ屋外な展示会場。この前の台風はヤバかったが、すごく興奮したと毛利さんが話してた。
月曜のオープニングライブ、行きたいな〜

***

その後、渋谷で呑み。福原ノブ、中江くん、当瀬さん、という去年お世話になってたシェアオフィスつながり呑み。途中何故か福原くんのオフィスに行って、彼の作業中だった仕事を見届けたりした。

そんなメンツを前に恋バナ的なことを話したことをとても後悔している。今でもblog書きながら後悔してる。後悔の残る人生はやだなあ。