最近見た展示

2013.02.12

最近見た展示↓

中ザワヒデキ展 脳で視るアート
「MU[無]ペドロ コスタ&ルイ シャフェス」 原美術館
二艘木洋行個展 きみは河合卓|U R 2 Qt
大和日英基金アートプライズ受賞記念展 ハルーン・ミルザ
Grow up!! Aritst Project 2012 蓮沼執太展「音的」

===

作品見てるときに、作家の意図した仕掛けに気づかないとか、作品に関わるコンテキストを勘違いして読んでた、はたまた見逃していて、その後人に話を聞くなりネットで詳細を知るなりして「あー、あの作品そういう意図だったの(そういう仕掛けがあったの)…」と、後から知ることが多い、気がする。特に私はヌケているので人より見落としが多い、気がする。

コンテキストががっちり前提になってる作品を否定してるわけではないのですよ。ただ読解力がなかったり、はたまたボーッとしていて、別の捉え方しちゃったりとかがどうも多い気がするので、作品の意図とは見方をしてしまってるのって作家さん的にはアリなのかナシなのか、そういう風に作品作ったことないのでそれ系な作品作る作家さんに機会があれば聞いてみたい。ちなみにこの前見た「風が吹けば桶屋が儲かる」展はほとんどの作品を展示作家の意図とずれた見方をしていたんじゃないかと思う。うーん。

昨日見た蓮沼さんの展示は、作品の説明テキストのようなものは置かれていなくて、鑑賞者の意識に見た結果を大方委ねるような内容だったんだけど、展示の場の作り方が絶妙で、ある程度は見る人皆が同じものを共有できてしまってて、でも見る人それぞれの違いも許容できてしまってる感じ、、そういうことが言葉なしで出来てるって凄いことなんじゃないのかなとボンヤリ思ったりしました。うまく説明できない…

別に答えがある話ではないと思うので、ここまで。

謎装置

2013.02.07

20130209-162127.jpg

モレモレ東京に出てくる装置っぽく見せかけて、よく見ると全然用途不明な装置見つけた。

麺飯食堂 なかじま

2013.02.04



麺飯食堂 なかじま

この前、堀尾さん齋藤あきこさんと行ってきたお店。
券売機の一番目のボタンにあったのが担々麺だったので、この店の推しメンなんだろうと勝手に判断し担々麺(まろやか)を注文した。連れられるまま入ったお店だったけど、想像以上に美味しかった。

先月から担々麺を食べるときには、世界の龍ちゃんよしき坊より美味しいかどうか考えるようになってしまったのだけれど、なかじまの担々麺、よしき坊と同じくらい美味しかった気がする。。私の味覚が鈍感なだけかもしれないけど、白味噌がまろやかで自分好みの味だったことは確か。
こういう場合、よしき坊の店主にわざわざ報告して、店主が自分の店より美味いと判断すれば土下座してくれるんだろうか。でも店主土下座までのプロセスを想像したら、物理的にも精神的にも色々辛い体験になりそうな気がした。

====

この日一緒にご飯を食べたあきこさんは、どうやら餃子が食べたくて仕様がなかったらしく、2皿も注文し、しかも野菜炒めやライスまで注文して食べていた。ニンニクの多量摂取が原因なのか、その後お店を出たあと体調が悪くなって座り込んでしまう程だったのだけれど、それでも駅の近くで道路工事をしている様子をpokeで録画してsnsの向こう側にいる人たちに送信している姿を見て、(横にいる私にも送ってくれたけど)本当にアッパレだなと思った。
zp8497586rq

牛の四文屋

2013.02.04

昨日hikohiko夫妻、おしこまんさん、天谷さん(関わってたプロジェクトのサーバー担当)と中野で飲んだ。hikohiko氏はこういう飲み会でアーティーな話になると、いつも大抵いい話をするんだけれど、この日もやはりいい話をしていた。今更ながら、こういう人が同じゼミにいて本当に良かったなと思う。親しい間柄ならではの厳しさは大事。

有り難いお褒めの言葉を頂いて(特にアーティー云々は関係ない内容)、私も捨てたもんじゃないなと思いながら帰宅した。