近所と津田会

2013.01.30

フリーランスで仕事をしてるため、部屋にいる時間が以前よりずっと長くなった。そうなると動く機会がほとんどなくなるため、たまに外を散歩したりする。

何となく近所の辺りを歩いていて思うのだけど、この辺りに住んでもう5〜6年くらいになるのに、風景に大きな変化がほとんどない。古い建物がなくなって更地になるとか、今っぽい、新しい建物が建つということが、近隣の街に比べて少ないような気がする。

特に駅に関しては、全く変化がない。引っ越してきたばかりの頃、駅の近くで区議会議員の立候補者が街頭演説で「方南町駅にエレベーターを設置させます」的なことを言っていたけど、どうなったんだろう。方南町駅のエレベーター設置は、こちらが思っている以上に根深い問題でもあるのだろうか。

=====

何年か前に、矢坂さん、加賀谷さんに誘われて「津田会」なる、今では時の人、津田大介さんを囲む飲み会に参加させてもらったことがあった。その時津田さんとの間で方南町の話題が出て、「方南町は上は高円寺、下は下北沢で、これまで沢山の文化を生み出したエリアの間にあるから、そろそろクルよ」みたいなことを言われて、へーそうかと妙に納得してしまったが、残念ながらまだキテはいないらしい。

ちなみにその時の飲み会で三次会まで残っていた若造は私と多田ひと美さんだけで、その席で多田さんは津田さんに「どうしたらアクティビストになれるんですか」みたいな、かなりストレートな質問をぶつけていたんだけど、津田さんはちゃんと実体験を元にしたアドバイスをしてくれて、特にアクティビストになろうとかなりたいだとか全然思ってなかった自分でさえ、横で話を聞いていて感銘を受けてしまった。

更に思い出せば、あの飲み会では6割ぐらいはは津田さんがメインで話してた気がする。で、みんな時に突っ込みつつも、うんうん話を聞いてるという。とにかく話が面白すぎて、エンターテイメントの域に達してるなと思った。個人的に自分の話ばっかりする人が苦手なんだけど、あのときは嫌だとか全く思わなかったなぁ。